ペニスが小さいことのデメリット

ペニスが小さいことのデメリットは?

 

ペニスが小さいことで、悩んでいる人は多いと思います。私もヴィトックスαで増大する前は、ペニスは勃起時で11.5cmでしたからその気持はよくわかります。

 

なぜ悩むのかといえば、ペニスが小さいことには、さまざまなデメリットがあるわけですよね?

 

そこでここでは、ペニスが小さいことにはどのようなデメリットがあるのかをまとめてみました。

 

【ペニスが小さいとこんなデメリットがある】

 

恥ずかしい

vitox

まず第一のデメリットは、これかと思います。

 

ペニスを露出しないといけない場所は、どこに行くのも恥ずかしいですよね?

 

サウナや銭湯などでは、前を隠さないと歩けないのではないでしょうか?
特に知り合いと連れ立ってサウナへ行った場合など、「お前小さいな」と指摘されないか、ヒヤヒヤします。

 

それから、プールや海などへ行く際にも、競泳用のピッタリとした海パンは、履けないのではないでしょうか?

 

ピッタリとした海パンだと、ペニスの大きさがハッキリ分かってしまいますからね。

 

女性を感じさせられない

vitox

これも、大きなデメリットだと思います。

 

恥ずかしいことよりも、むしろこちらのほうが深刻ではないでしょうか?

 

女性が最も感じる性感帯「ポルチオ性感帯」は、膣の一番奥にあるとのこと。膣の深さは、女性の平均で12cmだそうですから、そこまでペニスが届くためには、ペニスの長さは最低でも、14cmくらいはないといけないとのこと。

 

女性を感じさせられないのは、男としての自信を失いますよね?人によっては、それでフラレることもあるみたいです。

 

人生に自信がなくなる

vitox

ペニスが小さいと、恥ずかしかったり、女性を感じさせられなかったりで、
コンプレックスを感じることが多いと思います。

 

そのコンプレックスが高じてしまうと、ただペニスのことだけにとどまらず、
生活全般に影響を及ぼしかねないみたいです。

 

まずもちろん、女性に積極的にアプローチできにくくなりますよね?
それから人によっては、ペニスのコンプレックスが仕事にまで、
影響をおよぼすこともあるそうです。