ヴィトックスに副作用はある?

vitox

 

ヴィトックスαは安全性の高いペニス増大サプリメントです。そのうえその効果に満足している方が多いサプリなのですが、飲み方を誤ると副作用を起こす可能性があります。

 

まず皆さんの頭に思い浮かぶのは「頭痛」「腹痛」「嘔吐」「下痢」などかと思います。

 

こうした副作用を起こす事になるであろう原因はヴィトックスαの飲みすぎによるものです。

 

ヴィトックスαは1箱30粒入りで、1日の飲用量は1〜3粒とされています。

 

ですがもっと飲んだらもっと効くと考えて飲む量を増やしても、効果が倍増される事は決してありません。過剰摂取は体に負担をかけるだけなので、その負担が副作用として現れます。

 

成分は100種類以上入っていますが、ぼくは一度も副作用はありませんでした。

 

ネットで副作用について調べていると、一人副作用を起こした人がいたようです。その人は、効果を高めたいからといって、1日に飲む量を5錠にしていたようです。
それが原因でお腹をこわしたようです。

 

用法・用量を守っていれば副作用の心配はいらないと思いますが、無理に効果を高めたいからといって飲み過ぎると体を壊します。

 

睡眠導入剤でも同じことが言えますよね。

 

決まった量を飲んでいると、効果は高いけど、飲み過ぎるとしに至る場合があります。

 

飲むときには十分に飲み方に気を付ける必要があります。

 

 

 

ヴィトックスはアルコールも影響する?

なのでこの飲用量はしっかり守ることが大切です。ヴィトックスαは飲み方次第でその効果がなくなってしまうという事もあります。

 

中には『サプリだし問題ないだろう』と、お酒を飲んでいる時にヴィトックスαを飲用する方もいます。しくはヴィトックスαを飲んだ後ですぐお酒を飲んでしまう方ですね。

 

実はこの飲み方はヴィトックスαのペニス増大の為の効果そのものを無くしてしまう可能性が非常に大きいです。ヴィトックスαにはペニス増大の為にいろんな成分があり、効果にもいくつか種類があります。その中で「トリプトファン」や「亜鉛」があるのですが、これらは本来ペニス増大の為、他の成分と相乗作用を発揮します。

 

しかしヴィトックスαを飲用したタイミングとお酒を飲むタイミングがかぶると、この成分が別な作用をするのです。これはどちらも肝臓でも働く成分でありアルコールが入ってしまうと、その分解作業を優先してしまいます。

 

そうなると本来の作用そっちのけでアルコールの分解をするので、これはヴィトックスαの本来の目的の効果ではありません。

 

副作用とは本来望まない作用をする事です。ヴィトックスαはアルコール分解の為のサプリではないですよね。

 

それにこのようにお酒を飲むタイミングとかぶると、最悪ヴィトックスαの効果そのものがなくなります。

 

ですので、これの対処方としてはお酒を飲む3時間以上前にヴィトックスαを飲む事をお勧めします。